水道の修理は蛇口が最も多い

水道のトラブルは色々とあります。配管のトラブルであったり、キッチンなどはシンクなどでトラブルが起こってしまうような可能性もあります。しかし、水道などの水回りのトラブルで最も多いのは、やはり蛇口関連のトラブルです。蛇口は水回りの中でも頻繁に触れる場所ですので、やはりどうしても日常的な負荷がかかってしまってしまいます。そのため、どうしても故障するリスクが高いパーツなのですが、逆に蛇口の故障の原因であったり、蛇口の修理方法を事前に確認しておけば、水回りのトラブルに対して対応する能力を身に付けることができます。
また、女性の方の場合は、蛇口 交換や修理が出来ないという方が大半でしょうが、故障部位の特定方法や原因の見分け方をマスターしておけば、水回りの修理業者に修理を依頼する際などに、より正確に故障情報を伝えることができますのでメリットが大きくなっています。

■パーツの破損が故障の原因

水道のトラブルで最も多いのが、蛇口のパーツの経年劣化などによる破損です。蛇口はいくつものパーツで構成されています。その全てが必要なパーツですので、いずれかが破損してしまうようなことがあれば、水漏れなど水回りのトラブルの原因になってしまいます。
特に、蛇口に使われている金属パーツと金属パーツの隙間を埋めたり、クッションの役割を担っているゴム系のパーツは、金属パーツに比べて水への耐性が弱く、元々硬く作られていないため、どうしても破損しやすくなっています。そのため、水道のトラブルが起きてしまったら、最初に蛇口のゴムパーツを疑うようにしましょう。

■主な蛇口の種類

日本国内には色々なデザインの蛇口がありますが、特に多いのがハンドル混合水栓とシングルレバー混合水栓の二種類です。シングルレバー混合水栓は、昔から日本国内でよく見かけるタイプの蛇口です。ハンドル混合水栓は、築年数の古い物件に多いタイプの蛇口ですので、前に住んでいた方がパーツを交換していないような場合には、水のトラブルになる可能性が高くなります。
これに対してハンドル混合水栓は新しいタイプですので、破損のリスクは少ないと言えるでしょう。もちろん全くのゼロではありませんので、築年数をチェックした上で、リフォーム履歴などを確認するようにしましょう。

■まとめ
蛇口は水道系のトラブルの中でも最も多いトラブルになっています。そのため、水回りのトラブルが起きたら真っ先に疑うべきポイントになります。トラブルの状況などをしっかりと確認し、手に負えない場合には、プロの修理業者に依頼するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ