水道は壊れる時期に合わせて修理

水道のトラブルは、一見するとランダムに起きているような印象を受けますが、実は水道などの水回りのトラブルというのは、ある周期に深く関係していることがわかっています。そのため、その周期をあらかじめ知っておけば、ある程度水道が壊れるタイミングを予測することができますので、慌てて水回りのトラブルを専門に修理をしているプロの修理業者を探す必要がありません。また、事前に調べておくと、いざトラブルが起きた時でも迅速に対応ることができます。

■水道のトラブルが起きるタイミング

水道や水回りのトラブルが起きるタイミングは、使用している蛇口のメーカーや使い方にもよりますが、5年から10年といったタイミングでトラブルが起きやすいと言われています。実際に修理が必要になるタイミングとしては、10年を経過すると故障件数が跳ね上がります。これは、水道を販売しているメーカーが、耐用年数を5年から10年の範囲に設定していることが多いからです。
金属疲労などは10年程度なら修理は必要ないかもしれませんが、内部に使われているパーツが10年を目処に壊れやすくなっていますので、どうしても10年が目安になってしまいます。例えば内部に使用されているゴム系のパーツは、どうしても10年を目安に交換が必要になります。交換せずに使い続けていると、ゴムが劣化してしまい切れてしまったり、縮まってしまって水漏れの原因にも繋がります。

■一見普通に見えていても

水道系のトラブルの恐ろしい所は、トラブルが起こる前日までは普通に使えていたのに、ある日突然トラブルになってしまう所です。本当に人間には気付ないようなゆっくりとしたペースで壊れていきます。そして、経年劣化がある一定のレベルを超えた途端に大きなトラブルとして目の前に現れます。
自分の家は定期的にしっかりと掃除をしているので大丈夫という方や、リフォーム済みの賃貸アパートだから大丈夫と思い込んでいるような場合でも、内部のゴム製のパーツは交換されていない可能性もありますので、いつ水回りのトラブルが起こってしまってもおかしくない状況になっています。そのため、10年と言わず5年が経過した段階で、もしかしたらトラブルが起こるかもしれないということを頭に入れておき、もしもトラブルが発生した時には適切に修理することができるように備えておくようにしましょう。

■まとめ
水道のトラブルは、10年経っていなくてもどのタイミングで起こるかは分かりません。朝起きたら水浸しだったり、帰宅したら床が湿っていたなど人間の都合を配慮してはくれません。10年以上内部パーツを交換していない水道をお使いの場合には、事前にトラブルに備えるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ