水道の修理と故障原因の関係性

水道の修理と故障原因の関係性 水道のトラブルというのは、前もって分かるものではありません。忙しい朝であったり、残業などで疲れ切った状態で帰宅したら洗面台の周りや洗濯機の周りが水漏れで濡れているような、人間の都合は関係なく水回りのトラブルが発生します。いきなりのトラブルに驚いてしまい、慌てて修理しようとして二次災害や三次災害を起こしてしまう可能性もあります。
水道のトラブルは水回りのトラブルの中でもメジャーな存在ですので、現在は何ともなかったとしても、明日の朝に急に水漏れを起こしているような可能性もあります。こちらでは、急に水道のトラブルに巻き込まれた時に最小限の被害で済ませるために、ぜひこれだけは覚えておいて欲しいという情報をご紹介します。

■水回りが壊れるタイミング

毎日使用している水道は、やはり壊れるタイミングというものがあります。これは日本製のものを使っていても起こりうることで、水回りに関しては、特に日常的に使用するものですので、どうしても負荷が強くかかってしまいます。特に賃貸アパートや賃貸マンションなどの場合には、築年数によって水道のトラブルが起きる確率が異なりますし、リフォーム済みの物件だったとしても、水道を全て分解して新しいパーツにしていない可能性も十分に考えられます。
自分が住み始めたタイミングで水回りのトラブルが発生し、荷解きもままならない状態で不動産屋さんに修理を依頼する電話をしなければいけないこともあります。水回りのトラブルに関しては、トラブルが起きやすいタイミングというものが存在していますので、水回りのトラブルが起きやすいタイミングになる前に、水道の簡単な修理方法であったり、自分の家の水道の修理を安心して任せることができる水回りのトラブルを専門に行っている修理業者を探しておく必要があります。

■蛇口が水回りの故障原因件数が最も多い
水回りのトラブルの中でも使用頻度の高い蛇口は、故障しやすいパーツになっています。特に築年数が経過した賃貸アパートなどに設置してある蛇口は、前に生活していた方の使い方などによっては、トラブルが起きやすくなっています。これから生活する賃貸物件をお探しの場合には、築年数によっては蛇口などの故障が原因のトラブルが起こりやすいということも頭に入れておくようにしましょう。
また、蛇口にはハンドル混合水栓とシングルレバー混合水栓の2種類があります。ハンドル混合水栓とシングルレバー混合水栓は、それぞれ構成が異なっているのはもちろん、歴史なども全く違いますので、賃貸物件を選ぶ際にチェックするようにしましょう。

■プロに修理を依頼しよう

水回りの修理はプロに依頼するという方も増えてきました。特に蛇口系のトラブルであったり、破損したパーツなどが手に入りにくいような場合などは、日頃から水回りのトラブルの修理を行っているプロにお任せするというのは、正しい選択肢だと言えるでしょう。特に蛇口の場合には、ハンドル混合水栓タイプであってもシングルレバー混合水栓タイプであっても、非常に複雑な構造になっています。
そのため、これまで水回りのトラブルを自分で解決したことがないという方や、調べたけど蛇口の型番などがわからないという方は、プロの修理業者に蛇口 交換などを依頼するほうが失敗もなく、これ以上水漏れの症状を悪化させないためにもおすすめです。

■まとめ
水道のトラブルは、事前にしっかりとした知識を蓄えておけば、いざとなった時には冷静に動くことができます。特に水道のトラブルの中でも蛇口のトラブルに関しては、そこに繋がっている直前の栓を止めてしまえば被害は拡大しないので、冷静に判断して適切な行動をするように心掛けましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース